乳ガンQ&A/乳腺科
(三重県津市久居)

お問い合わせ・予約窓口 059-259-0808
診察方針院長紹介クリニックご案内特長&専門外来院内風景施設紹介トピックス&コラム
乳ガンの症状について

数年前に定期検診を受け、しこりがみつかりました。検査の結果、たいしたことにはなりませんでしたが、定期検診を受けるように進められました。定期検診は1年に一回でいいのでしょうか?

検診でしこりがみられたけれど、再検査で異常なかったということは、触診・超音波検査・マンモグラフィーとも異常が認められなかったということと理解できます。この場合、まず1年に1回の定期検診でいいと思います。乳腺科の医師は、この3つの検査でひとつでも異常が認められたときには、かならず6ヶ月に1回か、3ヶ月に1回の再検査をすすめると思います。といいますのも、マンモグラフィーでわずかに小さい石灰化がみられた患者さんで6ヶ月後乳ガンに進展する方がときどきみられるからです。

検診でしこりが見つかった場合と自分の手で触れて見つかった場合とでは、手術での温存可能性はどれぐらいの差があるのですか?

自分で触れてみつけた場合より、やはり検診で見つかったほうが、腫瘍の大きさが小さいと考えられますので、乳房温存療法ができる可能性が高いです。どちらにしてもみつかった腫瘍の大きさや進行度により手術のやり方が変わりますので、早期発見、早期治療が重要です。

超音波・MRI・マンモグラフィーと、いろいろな検査の方法がありますが、どれがいちばん正確に検査できるのでしょうか?

それぞれの検査の守備範囲といいますか、得意な範囲が違いますので、どれがいちばんとは言えません。MRIは時間と設備と費用がかかるので、最初の検査には適しません。乳ガン検診と言えば、触診・超音波検査・マンモグラフィーの3つをおこなうのが通常です。触診では腫瘤のかたさや表面の状態がわかりますし、超音波検査では腫瘤のかたちと表面の性状がわかります。またマンモグラフィー(乳房レントゲン撮影)は乳ガン内にできるカルシウムの小石灰化と乳ガン自体がうまく撮影できるので、重要な検査です。これら3つの検査を組み合わせて総合的に診断するのが、乳腺科の重要な仕事であります。

石灰化について教えてください。何年も大きさが変わらなかったら、そのままにしておいても大丈夫ですか? 針生検をしても細胞が小さすぎてとれない様です。

石灰化とは乳腺に沈着したカルシウムのことで、2mm以上の大きいものもありますが、多くは0.1mm以下の小さいものがです。2mm以上の大きく丸い石灰化は、言われるように何年も変わらないものがあり、これは良性の石灰化と言えます(若い頃の乳腺炎と関係があります)。小さくて形が整っておらず、かたちがバラバラで粉々に割れたガラスのようにギザギザの石灰化なら悪性の乳ガンを疑います。ごく小さな石灰化を針生検でとるのは困難で、乳ガンがどうしても疑われるなら、石灰化をまとめてとってしまうマンモトームという特殊な装置があります。これは極めて高額な機器で、簡単に施術できません。安全策として石灰化があればやはり6ヶ月に1回診察が必要となります。

乳房にしこりをみつけられずに、リンパに移転することってありますか?

たいへん特殊な例で、小さい3~5mm程度の乳ガンでも、悪性度が高く強いものは腋下リンパ節に転移する場合もあります。ふつう、さわってもわからないような小さい乳ガンでは、まず転移がないのが通例です。検査をしても乳ガンがみつからないのに腋の下のリンパ節がはれてきたなら、それは乳ガンの転移ではなく、他の肺ガンや消化器ガンの転移によるものと考えるべきだと思います。要は、転移のない早期乳ガンをみつけて早く治療することが大切です。それにはたゆまない1ヶ月に1回の自己検診が最重要と考えます。